FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛犬を通じて、人が成長する
もやもやとしていた霧が晴れたように、私の気持ちを表す言葉に出会いました。

急に頭に浮かんだ言葉が、冒頭の「愛犬を通じて、人が成長する」。

私は、そんな人をたくさん増やして応援したいんだ!ということに改めて気がつきました。


というか、今までやっていたけど、なんかそれを表すピッタリの言葉を探したり、

見つけたりすることが出来なかったのか、しなかったのか??

そう、ハッキリと口にしたことはなかったように思います。



私は、先代犬とヴィジェと出会って、真剣に向き合うことで自分でも驚くべき成長を遂げました。

自分の力で歩くことへの勇気を与えられ、健康の素晴らしさを教えてもらいました。

そして、今でも「自分らしく、一瞬一瞬を生きること」をヴィジェ先生から学んでいます(笑)


ヴィジェ先生はいつでも完璧に自分自身であり続けることができますが、

私は人間社会という荒波の中で、すぐに自分を見失いがちです。

なかなか「本来の自分」という純粋な状態になれないところがあり、先生の姿が眩しいです。


というと、ちょっと意味不明かもしれませんが、

例えば、一本筋の通った自然体の人をみると、素敵だなって感じると思います。

人間社会の泥沼を知る前の子どもも、純粋で心が洗われるような気持ちになりますよね。

それを普通に死ぬまでやってのけるのが動物たちなんです。


そして、それに触れたり、眺めたりしている事によって、

一瞬「本来の自分」とつながって素になる、その気持ちが「癒された」と感じる。


「癒し」って、自分が自分に戻って、ホッとする瞬間をそう呼ぶのかなと。



ただ、人の手が加わることによって、動物たちも本来の自分でいられなくなることも

あるように思うことがあります。

どんなに苛酷な状態で餓えることがあったとしても、自然界で暮らす動物の方が

動物園で毎日欠かさず食事をもらえる動物たちよりも魅力的に感じたりとか・・・。



私は、ヴィジェの自然体で生きる姿を見ているのが大好きです。

だからその状態でいられるようにしてあげたいと思っています。


だから、いつも自然体で健康でいられるように気をつけてあげたいし、

心底楽しそうに生き生きと走り回れるように山や海などの自然と触れ合う機会を

作ってあげようと思うし、人のエゴで過度な治療をしたり延命をするような

ヴィジェ自身の命の尊厳を無視した行為をすることもしたくありません。


きっとそれって自分の癒しのためでもあるんですが、

その「癒し」が、相手を尊重して大事に思う気持ちから生まれるということにも

大きな意味があるんじゃないかと思うのです。


ぬいぐるみを買うように、ペットを飼っているようでは気が付かないかもしれません。

都合が悪くなったら捨てちゃったりする人も、そんな風に動物を見つめることが

ないのかもしれません。

でも犬と暮らす事に決めた人には、そのことには素晴らしい意味があることを知ってもらいたい。

そして、そうした癒しを得るためには、ただ人の都合で振り回すのではなく、

相手の存在を尊重する気持ちが必要で、決して人間の方が優れた頭脳を持ち

支配しているというようなおごりをもたずに、時に謙虚であるべきだと思うのです。

そういう意味では、しつけは「訓練」ではなく「教育」であってほしいわけです。



言葉以上のコミュニケーション能力に優れた動物たちは、私たちが感じていることなど

すぐにわかってしまいます。

よこしまな考えなどすべて捨てて、素に戻って愛犬と触れ合う。

そういう時間が持てることが、犬と暮らす醍吾味じゃないのかなと思います。







Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。