FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛犬に洋服? ちょっと待って!!③
静電気の健康被害、まだまだあります。


③自律神経のバランスがくずれます

生体の気(東洋医学的見地でいう)の流れを阻害するため、

自律神経のバランスが崩れて、さまざまな変調をきたします。

合成繊維による静電気が起こると、急激に血糖値が上昇することがわかっています。

静電気により交感神経が刺激され、アドレナリンが分泌されたと考えられます。


アドレナリンは副腎皮質から分泌されますが、静電気のためにアドレナリン分泌が

増えると、ビタミンCが通常より多く使われ、血中のビタミンCが不足します。

また、同時にカルシウム代謝を早めることもわかっています。

ビタミンCの不足は病気に対する抵抗力を減らしますし、

カルシウムは生きるための生体反応をつかさどる大事な働きがあるので、

骨や歯への影響やだけでなく、感情への影響や倦怠感など様々な影響が出やすくなります。



④血液ドロドロ

静電気が起こると、マイナスイオンが減り、プラスイオンが増えるため、

血液が酸性に傾いて血がドロドロになりやすく、活性酸素も増えます。

ドロドロ血は、関節痛や冷え症、動脈硬化の原因などさまざまな不調につながるのは

ご存じのとおりです。血流の妨げは、健康作りの最大の敵です。


そもそもドロドロ血液で酸性に偏っていると、体内のマイナスイオンが不足しているため、

電気を寄せ付けてしまい、静電気が起こりやすくなります。

同じような環境にいれば誰でも帯電するのですが、サラサラ血液は放電しやすく、

静電気が起きにくく、ドロドロ血液は自然に放電しにくいため静電気が起こやすいのです。



⑤ストレス増加

モワーンと電気を帯びているあの感じ、パチパチしたり、急にバチっとしたり、

本当に静電気って不快です。

こうしたストレスも、自律神経のバランスを崩す原因になります。

また、合成繊維の服を着ている期間中は、人間だと血液中のビタミンC量が

10~20%低下します。

ワンコにも同様のことが少なからず起こっていると考えられます。

ストレスに陥るのを防ぐために副腎皮質が活動すると、

またまた血液中のビタミンCを消費します。



と、私がざっと調べただけでも静電気にはこれだけの悪影響があることがわかりました。


・・・つづく






Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。