FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛犬に洋服? ちょっと待って!!②
静電気によって起こるよくないことは、たくさんあって私もびっくりしました。


【静電気によって起こりうる健康被害】


①周りの塵やほこりなどを吸着します。

ちりやほこりには、微生物やら、花粉やら、物理的作用を持つ危険な物体まで

いろいろ含まれている可能性があります。

皮膚や被毛がこれによって汚れます。

一説によると、皮膚と脳や神経はとても近い間柄であるそうで、

受精卵が分割していく時に外胚葉から皮膚ができ、この一部分から

脳や脊髄が生まれてきます。

なので、皮膚が不健康になると、脳や神経の働きが悪くなり、その逆にもなるのだそうです。


静電気によって皮膚にゴミが吸いつくことで不潔になると、新陳代謝が悪くなったり、

自律神経のバランスも悪くなって体がだるくなったりと、

いろいろな症状が現れる可能性が高くなります。



②放電によって皮膚が傷つきます

洋服に帯電した静電気は、体の動きや服のずれによってスパーク放電をします。

バチッと放電した時の電流は3000~3万ボルト!

体に影響がないわけがないですよね。

この放電によって皮膚のPH(ペーハー)は変化し傷つきます。

そうすると肌が荒れたり、カサカサと乾燥し粉が吹いたようになったり、

ぶつぶつができたりすることがあるそうです。

健康な皮膚なら悪いものが侵入することもないのですが、

こうした小さな傷から空気中に漂う悪いものや、洗濯洗剤の化学物質などが

侵入しやすくなりアレルギー体質やアトピーなどになるきっかけにもなりうるそうです。




まだまだあるんです・・・。



・・・つづく





Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。