FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4つのスイッチの話
少し前、幼児教育についてのテレビ番組を見ました。

なかなか面白いなぁ…と思い、もう少し詳しく知りたいと思って、ネットで本を探していると、

番組に出演していたもう一人の人が書いた本の方がより興味深く思えたので

そちらを購入することにしました。


あ、ちなみに私は子育て経験はゼロ。

フツー、子育ての本を買って読むような種類の人間ではないと思われます。





この本です。

ヨコミネ式 子供が天才になる4つのスイッチヨコミネ式 子供が天才になる4つのスイッチ
(2009/10/08)
横峯吉文

詳細を見る



そして、ここに注目です。

「子供をやる気にさせる4つのスイッチ」

・子供は競争したがる
・子供はまねしたがる
・子供はちょっとだけ難しいことをしたがる
・子供は認められたがる

この4つをうまく活用してやる気を起こさせて、学び好きな子供に育てて

無限の能力を引き出すというものなのですが・・・

この本の紹介を見て、犬育ても似ていることがあるなぁ・・・と思いました。




犬は、人の2、3歳児と同じくらいの能力を持つと言われていますが、

実際には、年齢を重ねるにつれてもう少し多くを理解しているように思います。

人間の子供よりも聞き分けがよくがまん強いワンコもいるかも・・・。


もっと本来持つ能力を引き出してあげることができたら、

もっと素晴らしいパートナーになれるんじゃないかなーと思い、

少し参考になることがあるといいなと思って読んでみました。






ワンコたちの「学びたい意欲」も、結構スゴイものです。

ヴィジェが一番好きなゲームの「宝探しゲーム」のルールを教えた時は

やる気のスイッチを活用したな、と我ながら思います。


ゲームにはルールがあり、これを教える時には最初から難しいことを教えても、

全く興味を示しません。

でも、できることから始めて少しずつステップアップしていくようにして、

できたことに対しては、必ずそれでよいことが分かるように褒めて励まします。

すると、最終的にはかなりのことを理解して楽しんで一緒に遊ぶんですよね。



犬だからとあなどるなかれ、ヴィジェはこういうゲームのルールをしっかり理解して

一緒に遊んでいます。


宝探しゲームは、

・私が宝を隠している間は座って待っていなければならない

・よしと言われたら探しに行く

・お宝を見つけたら私に届ける

など、いくつかルールがありますが、ゲームの時はしっかり守っています。


ボールを投げて持ってくるのとは明らかに区別しています。

ゲームでなければずっと座って待ってることはせず、自分からどんどん動いて取りに行きます。

でも「ゲーム」のときは、ちゃんとルールを守って私が戻ってくるまでじっと待っています。

ボール投げの時は途中で一人で遊び始めて持ってこなかったりするのですが、

ゲームの時は、持ってこないと次ができないのでちゃんとルールを守ります。


それにしても、一緒にゲームをしている時の瞳のキラキラと、全身の生き生き感!!

あの一生懸命で純粋な輝きといったら・・・眩しいくらいです。

私はそんな姿を見るのがすごく好きです。



しかし、私自身のレパートリーが少ないので、能力を引き出しきれていない気が…

もっといろんなゲームを考えられたら、もっともっと面白がっていろんなことを覚えて

やりたがるだろうなーと思います。





この本にも、子供が自発的に学びたいという欲求が強くなる方法として

いろんなノウハウが書かれていましたが、犬のしつけや接し方のヒントになりそうなことも

たくさん見つけることができました。


何がヒントやきっかけになるかはわからないので広く視野を広げる必要があるなと

また改めて思いました。




犬と暮らしている人の多くは、「犬の飼い方」の本ばかりを探していると思います。

私も先代犬の頃はそうでした。

しかし、そこから学ぶことは限られています。

そして、「常識」と言われていることが実はとんでもない正反対なことだったりも

犬の世界ではよくあることです。


ブラックストリームケンネルのスタッフとしてよい犬の育て方を深く考え、発信するようになり、

ヴィジェがやってきてから書籍で得た知識のほとんどは、人間のためのものからでした。

人間によいとされることを犬にも応用できるかは、それまでに持っていた知識との

すり合わせで判断することになるので、誰でも簡単にとはいかないかもしれませんが、

私の持つ情報量が格段に増え、大きく前進したことは間違いありません。



「犬育て」のことだからといって、犬の本だけ読んでいては知識は限られます。

もっといろんなことを参考にして、健康のこと、しつけのこと、愛犬の限りない可能性を

もっともっと引き出してあげられる飼い主さんが増えてくれたらいいなぁと思います。


また、何かヒントを見つけたらここでも紹介しますね。





Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。