FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よいドッグフードの選び方 ③
さて、3日目です。

BSKフードがデトックスを考えて作られたことを知っていただいたところで、

今度は体の仕組みについて、ちょっとおさらいしたいと思います。




まずは基本の体の仕組みから。



体にたまった老廃物は、通常オシッコで体外に排出されます (第1ルート)


食べ物に余計なものが多く含まれている&水分摂取量が少ない
  すると・・・悪いものがオシッコから出しきれない!!


でも、体に溜めておくのはよくない。


じゃぁ、オシッコで出せないなら毛穴や涙線、足の間の汗腺などなど、
  とにかく穴という穴から出してしまえ! (第2ルート)


【結果】
出たのはいいが、不快な症状がおこることも。
・・・皮膚病、眼ヤニ、耳垢がひどい、眼のまわりや足の指の間が赤茶色になる。




これが体の基本のデトックスの仕組みなわけですが・・・

ドッグフードはこれとは逆行しているものが本当に多いのです!


一般的なドッグフードの問題点としては大きく3つあります。



フードは油で揚げているものが多い。

実際に9割くらいのドライフードは揚げて作られます。

あとから油を吹き付けるというのもあるようですが、ほとんど揚げてあります。


だいたい手で触ると油っこくって、クサいですね。

「こんなのがおいしいのか・・・・」と、思ったことがある人もいるのでは?



作った日からずいぶん経っているし、封を開けたら酸化しますから新鮮な油でないのは確かです。

揚げ油も良質なものであることは稀です。

製造予算削減のために、おおっぴらに言えないような油で作られているという話も

聞いたことがあります。



毎日、粗悪な油を使って作られた「揚げ物」を食べているワンコ達って・・・

いい材料が入っているとか、獣医さんにすすめられたとか、なんだかよさそうなものでも

結局のところ、製法が「揚げ物系」となると、やや不安が残ります。



つづく・・・



BSKフードをもっと知るためのコンテンツ

BSKフード一粒物語



BSK流の健康法を実践するにはこちらもお勧め☆

DVD








Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。