FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よいドッグフードの選び方 ①
今は、いろいろなドッグフードが発売されていますね。

この便利さのおかげで犬と暮らせるようになった人もたくさん増えたともいわれています。


でも、その反面、いっぱいありすぎてどうすればいいかわからない!という人もたくさんいます。



他のショップなら、いいというフードを数種類取り扱っていると思いますが、

BSKマーケットは、これひとつ!


BSKフード
BSKフード中身

BSKオリジナルドッグフードです☆

まぁ、自社商品だからということもありますが、

それだけの思い入れがあり、自信をもって勧められるものができたと確信しているからです!!




そこで、今週はBSKフードがオススメなワケを、食材のよさというありきたりのことではなく

体の仕組みなどからお伝えしようと思います。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



まず、BSKフードはすごく消化がよく、胃腸に負担をかけにくい構造です。


水に浸してしばらくすると、他のフードはブヨブヨと膨らみますよね?

BSKフードはクッキーのようにサラサラと溶けてしまいます。


右が他社フードで左がBSKフードです。

フードを水に浸すと・・・


これは製法の違いなのですが、こういうサラサラフードにしたのにはわけがあります。





“消化吸収”は結構なエネルギー(カロリーという意味ではなく)を消耗します。

体はすべてに全力投球することはできないので、消化吸収に力を多く使ってしまうと、

体を再生したりする治癒反応の働きが悪くなったりします。




例えば、具合が悪い時に食欲がなくなるのは、消化吸収に使う労力を治癒反応に使うために

体がそうさせているからなんです。

具合が悪い時に栄養をつけなくちゃ!とたくさんの量を食べるのは絶対にNG!

消化のよいものを少しいただくだけの方が、断然回復が早いです。

栄養失調で飢餓状態が続いているならいざ知らず、現代犬たちは数日食事をしなくても

大丈夫。


普段から粗食がよいとか小食がいいとか、そういうのもこの考え方が根拠です。

病気のことだけでなく、女性の肌荒れなども関係ありますよ!



新鮮でしっかり栄養の摂れるものを少量いただくのが、犬も人も美しさと健康を保つ秘訣というわけです♪




BSKフードは、消化(食べたものを細かくする)の労力を少なくし、

吸収(腸から体内に取り込む)しやすくなっています。


そのため、“体のを元気にすること”にエネルギーを回すことができます。


だから健康作りの基礎にお薦めのフードというわけなのです☆



・・・・つづく



BSKフードをもっと知るためのコンテンツ

BSKフード一粒物語



BSK流の健康法を実践するにはこちらもお勧め☆

DVD









Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。