FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私が犬と暮らしているワケ
私は昔から動物が大好きで、幸いにも両親もそれをよしと考え、

物心つく頃からずっと家庭の中にペットがいる生活をしてきました。


長年連れ添ったオカメインコを連れて自立し、その後ネコを迎え、

しまいには犬まで迎えました。


こう書いてみると、そこまで家族を増やさなくても…と思うのですが

縁あって私の元にやってきた大切な小さな家族たちです。




この子たちが私の元にやってきたことには、とても大きな意味があるのだと

いつのころからか私は考えるようになりました。


私の成長の多くは小さな家族がいたからこそのことが多く、

この家族の存在を糧にいろんなことに取り組むことができていると実感しています。


とてもとても、足を向けて眠れませんよ~






私はある本の中に、私がどうしてここまでこの小さな家族に強い思い入れを持つのかの

ヒントをみつけることができました。




それは、「ペットが死んで悲しくてたまりません」という章でした。



愛犬の死に感じているつらさは、その子がいなくなったせいだけではない。

愛犬はその生涯を通じて、生まれたばかりのあなたと同じ状態を維持し、

純粋で前向きなエネルギーの象徴であった。

そして、愛犬に関心を向けたり、交流することで、自分自身の「源」とのつながりを

強く感じることができた。


もちろん愛犬がいなくなったことは悲しいが、本当に悲しんでいるのは

愛犬が教えてくれた自分自身の「源」とのつながりを失ったことのほうなのだ。



そんなことが書かれていました。



時に家族が亡くなるよりも痛手が大きくなるともいわれるペットの死には

そんな意味があるんだなと、これを読んで私はものすごく、なるほど・・・と思ってしまいました。


ペットが癒しになるというのはこういうところから来ているんでしょうね。




生まれてからずっと変わらず自分らしく気高く生きぬいている動物たちには

尊敬の念を抱かずにはいられません。


こうして一緒にひとつ屋根の下で暮らすことに、こんなに大きな意味があることを

ちょっと嬉しく思い、ますます精進しなくてはと思ってしまうのでした。





実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう

エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス

詳細を見る







Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。