FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴハンを食べないワンコ・3
今日は、ゴハンを食べないワンコの具体的な対策についてをお伝えします。



まずは 「与えたものを、与えた時にちゃんと食べる!」

これを基本的な考えとしましょう!


実は、単なるわがままで食べないコが非常に多いのです。



わがままになる理由はいろいろです。

「あら、食べないの?どうしたの??」などと自分に関心を持つ様子が嬉しいとか、

いつも食べてるからすぐ飽きるとか、

食べないとそのうちもっといいものが出てくるのを知っているとか、

別に今食べなくてもずっと置いてあるから、好きな時に食べればいいやと思っているとか
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・


と、体調が悪いとかではなく、けっこう気持ち的に食べない理由がある子も多いようです。



ゴハンのわがままの対処といえば、これしかない!というくらい基礎中の基礎は、


与えたのに食べない、または少ししか食べないで残した場合、

10分くらい待ってみて食べる様子がなければさっさと食事を下げてしまうこと!




ちょっとしか食べていないから、いつでも食べれるように・・・と

食器を出したままにするのは絶対にNGですよ!




もったいない・・・(泣)と思う気持ちはよーくわかります。(経験者)

でも、心を鬼にするのです!! 

(まぁ、次の時にも食べさせて問題なさそうなものならリサイクルしてもOKですが。)




飼い主さんが心を鬼にして頑張った結果、

「今食べておかないと、あとからは食べれない」という危機感で、

ちゃんと食べれるようになった子も実際にたくさんいます。



それに、一時的にガマン比べのようになりますが、思うほど長引くことはありません。

長くても数日です。

荒療治でかわいそうな気もするけれど、

ホントのところ、前回お伝えしたように病中病後などでなければ

実は食べなくてもぜんぜん平気なのです。

そして、おなかが空けばちゃんと食べるはずです。



一生のうちのたった数日、根負けせずに頑張ることで、

健康的に食事ができるワンコに育てることができるのですから頑張りましょう!!






それと、これもよくありがちなことですが、

食べないからといって、与えた後にまた何かおいしいものを足したりすると

それを期待してしまうようになってしまいますので、これもNGです。


「あとからもっといいものが来るから、それまで食べずにいよう」という知能犯になるのです。

こういう関連付けはワンコ達はすごく得意です。


なにかおいしいものを与えたい時は、最初から混ぜてあげていいと思います。



より好みしておいしいのだけ食べるという器用なワンコもいますので、

そこは細かくして混ぜ込むなど、人間ならではの知恵でさらに上を行くように頑張ってください!





私はヴィジェがゴハンをなかなか食べてくれなかったので、苦労したこともあり、

今でもゴハンを残さず食べてくれるとすごく嬉しくなります。


いまだに毎日「あら~ヴぃーちゃん、ちゃんとゴハン食べてえらいねぇ~」なんて

褒めてもらえるもんだから、ゴハンを食べ終わると得意顔で知らせにきます。




ゴハンを食べないからって取り上げるなんてかわいそう・・・と思う気持ちは

本当によーくわかります。



でも、同じことを繰り返していれば、いつまで経っても悩みは尽きることがありません。

もしも将来病気になった時に、ゴハンのわがままがあると命にかかわることもあるかも

しれないのです。



食べている様子などを観察することも健康管理の一つと考えて、

与えたその時に食べる癖をつけなくては!!


ゴハンを食べない悩みを抱えている飼い主さんたち、

与えたものを、与えた時にちゃんと食べれる子に育てるようにぜひ頑張ってみてくださいね。







でも、こんな風に「わがまま言わずにちゃんと食べなさい!」と育てるからには、

食事もちゃんとしたものを用意してあげましょうね。

粗悪なものを無理して食べさせるなんて、かわいそうなことはしないようにしたいものです。



ドッグフードは加工品ですので、よい品質のものはそんなに多くはありません。

食べなくなったからといって、あれこれ違うのに変えるにも限度がありますから

よいフードをおいしく食べてもらうコツを考えたりして、ちゃんと食べさせられるようにしましょう。


飼い主さん、責任重大ですよ!!




次回もまだまだ続きまーす。


お楽しみに。







Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。