FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後悔しない犬育てがしたい
犬と暮らしていると、いろんな悩みにぶつかります。

不思議と気になりだすと、そればかりに目が行ってしまい、なんだかキリキリしてしまい、
全く余裕がなくなることもあります。
そして、そんな時は判断力も鈍りがちになり、冷静に普通に考えればわかることまでもわからなくなってしまいます。

あとから思えばなんてことのないことが、その時にはわからなくなってしまうんですよね。
大事に思っていればこそ、なのですが、私たち飼い主は心に余裕をもって正しい判断ができるようにしていなければならなりませんね。 (もちろん自分にも言い聞かせつつ・・・)




先日、犬友だちでもある後輩といつものように愛犬のことについて語っていた時のことです。

彼女は本当に愛犬を可愛がっています。
最初に彼女から愛犬の話を聞いたとき、実にしっかり勉強してよくしつけもがんばっているいう印象を持ちました。
彼女自身、とてもセンスがよくオシャレであるにもかかわらず、愛犬に洋服を着せたりするでもなく、
やっぱり犬は裸がいいと言っています。


その彼女は、以前「無駄吠え」にとても悩んでいたそうです。

無駄吠えは治らず今でもするようですが、彼女はそれを受け入れることができるようになったといいます。

犬なんだから、吠えて当たり前だよね。
少しくらい吠えたって大丈夫。
住むところを追い出されたわけじゃない。
ずっと吠え続けているわけじゃない。

そうやって思えるようになって、冷静に対処できるようになったようです。


しかし、一時は吠えるたびにどうにも気になって、いつもイライラキリキリ・・・
無駄吠えをやめさせるためにどうしたらいいかばかり考え、相談した先の獣医さんに、
「分離不安からくるものかもしれないから、去勢手術をしたら良くなるかもしれない」と
手術を勧められたそうです。


私が聞く話からすれば、確かに飼い主さん恋しさに吠えるというところもあるように思いますが
分離不安とまではいっていないように思います。
しかも、飼い主さんと離れる寂しさからパニックになってしまうことと、去勢手術の恩恵は
全く結びつきません・・・
よく話を聞いてそう判断し、本当に必要だと思って手術を勧めたのか、正直その獣医さんの力量に
疑問を抱かずにはいられないという感じです。


彼女も今となってはその獣医さんへの信頼は全くありません。
でも、その時それがわからなくなってしまうほど悩んでいた彼女は、そうすればよくなるかもしれないと思い、去勢手術を受けることを決断しました。


しかし、今ではとても後悔していると言っていました。

やっぱり無駄吠えには何も変化がなかったこと・・・
今考えれば、本当に関係ないことだとわかるのに、あの時気付かなかったこと。
人に置き換えてみたときに、去勢手術なんて、なんてかわいそうなことをしてしまったのかという想い。

彼女の生活環境においては他に去勢手術が必要な場面はなかったこともあって、
あの時必死でいろんなことが判断できなかったことを悔やんでいました。




彼女の場合は「無駄吠えを解決するための去勢手術」というシチュエーションですが、
これを読んでいる一人一人にも、犬と暮らしていれば、愛犬にとっていかに正しいことを冷静に判断できるかという場面にきっと出会います。


しつけに困ったときには、まず本当にそれが悩むべきことなのかを考えてみてください。
もしかしたら、今回の彼女のように違う考え方をしてみたら、大した問題ではなくなるかもしれません。


愛犬が病気になった時には、その治療方法は本当に愛犬にとってためになるものなのかを考えてください。
あなたの気持ちだけが満足するものではないだろうか?この気持ちを忘れずに判断するべきですよね。


愛犬のことを思えば思うほど後悔は大きくなり、飼い主さんの心の痛手も大きくなります。

今、悩んだり問題を抱えていない人は、これから後悔することのないように歩んでいける飼い主さんになってもらいたいです。

私も含めて・・・ですけど。






Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。