FC2ブログ
Good Life  Happy Dog!
犬との暮らしをよりよくしたいあなたへのヒント!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体力勝負!
我が家には、大病患い中の10歳になるニャンコがいます。

若い頃はコロコロとやや太めの時もあり、アメリカンショートヘアらしいわりと筋肉質の体格で
これといった病気になることもなく獣医さんのお世話になることなく育ちました。
が、1年前に腎不全との診断を受けました。
今はやっぱりさすがに痩せてしまって体力も落ちているなぁと感じます。


最近は肥満のペットが増えていて、ワンコの世界でもダイエットがみんなの関心を集めていますよね。

そこで私、考えることがあります。


体調を崩した時にモノを言うのは、やっぱり体力だよなって。
痩せ気味が健康的というけれど、体力がなくひょろーっと痩せているのは良し悪しだなと。
それに、歳をとるにつれてどうしても筋力が落ちてきますので、やっぱり若いうちにしっかりとした
体作りをしておく必要があるなと思います。


最近は運動不足のワンコが多いです。
そうすると体が薄っぺらな感じになるんだそうですよ。
「うちの子はスマート♪」なんていってる場合じゃないかも・・・。

今、太っている子も筋肉がついていないと、痩せてきたら薄くなるのだとか。



思い返してみると、確かにそういう子をよく見かけるかも・・・・と思いました。
よく走らせているコは、足腰がしっかりして歩様もふらつきがなく安定しています。
そのため、上から見たときに幅もほどよくあるように見えます。

薄いコは歩いている時にはなんだかふらついているように見えます。
足腰の力の入り方がちょっと弱い感じです。

都会暮らしでは大型犬はなかなか運動をたっぷりさせることが難しいのかなぁと
思うのですが、実のところ小型犬も薄いコがほとんどなんだとか。



たくさん運動すると食欲も湧いてきますし、活力も出てきます。
基礎体力が上がると抵抗力もつき、病気に負けない体に近づきます。
具合を悪くした時にも回復が早く、病気を跳ねのける力が強いです。

シニアになると若いときよりも病気にかかることが増える事も。
それに、そんなに動きたがらなくなる子も多いです。

若くて活発な時にこそ、これから先に備えて、立派な体を作っておきましょうね!!




じゃぁ、しっかりした体作りをするには、どうしたらいいかというと
ワンコはやっぱり走ることが一番!
人と違って長い時間歩くことではなかなか筋力はアップしないみたいですね。
得意なコは水泳もいいみたいですよ。

ブラックストリームケンネルのレッスンでは、ロングリードで飼い主さんと遊びながら
走っているようで、ずいぶんたくましくなってきたコもいます!



ダイエットの必要を感じているワンコは、食事制限はもちろんですが、
『たっぷり運動』も心がけてあげてください。


最後にものを言うのは 体力ですよ!






Copyright © Good Life  Happy Dog!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。